新型コロナウイルス対策

らもりーるでは、ウイルスとの共生という考え方を持ち、自らがもつ免疫力を高めていくことに力を入れていきたいと思っています。

新型コロナウイルスの考え方

・小児は新型コロナを発症しても軽くすみ、死亡例も少ない。

・子ども食堂や子育て支援施設等の閉鎖により、直接合うコミュニティが分断され、親子の心身の健康や成長を損なうという弊害の方が大きい。

らもりーるでの新型コロナウイルス感染防止対策

・定期的な換気

・マスクの着用(子どもはできる限りの着用)

・玄関での消毒

・手洗い、うがいをこまめに

・水分補給をこまめに

・室内やおもちゃの消毒

・加湿器による消毒の散布

・参加者・スタッフの体調チェック

・時間を短縮しての開催

 わにわにの開催時間10時〜13時半

・参加人数や遊びの工夫で3密をさける

・『わにわに』の昼食は各自お弁当を持参として、親子で1台の机を使用し、間隔をあけて食べる

・『わにわに』のご飯づくりはしばらく中止とする

コロナウイルスへの見解は、常にアップデートし、それに伴って感染対策も柔軟に対応していきます。

使用する消毒について

①Hakkoushaさんにご協力頂き、ヒノキがもつウイルスの鎮静作用を活かした「森のしずく」を加湿器で散布します。

https://hakkounomoto.jp/

『森の雫』の安全性や、Hakkoushaさんの考え方については、追って記事にさせて頂きます。

②設置しているポタポタクラブのお水が持つ、ミネラルの菌の抑制力を活用して、室内や玩具の清掃を行います。

https://potapotaclub.jp/products/detail.php?product_id=81

お水とミネラルで作る除菌スプレーの安全性について、検査結果ついては、追って記事にさせていただきます。

最後に

何よりも大切にしたいのは、ウィルスが侵入しても増殖できない抗体ができ、他人に感染させない、あるいは、たとえ侵入しても重症化しない免疫力を持つ自分たちの身体づくり、子どもたちの身体づくりです。

足を運んで下さる皆さんと、食事や日常生活の中でできることを共に考え、実践していきたいと思っています^ ^

子どもの健やかな成長を真ん中に手をつなぎ、これから変化していく社会の状況を乗り越え、未来に残したい世界を創造していけたら幸いです。

子育てを一緒に楽しむことができることを願っています。

らもりーる代表  谷口絵里子

主な参考情報

・日本小児学会 新型コロナウイルス関連情報

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=333

・厚生労働省サイト・新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

保育所における感染症対策ガイドライン

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です