産まれてくる命を

養子縁組を前提とした里親登録審査申込を無事に揃える事ができ、提出しました(o^^o)

健康診断は、今病院に行く事は避けたい。ことを伝えて、ひとまず免除してもらいました。

審査が通り、先に進めるかどうかは分からないけれど、待つのみです☆

妊娠。
出産。

これらに対して私は
『選ばれる人間であるのか』
こんな風に感じていて

大人としての不完全感
女性としての不完全感が
まだまだつきまとっているんだなと感じます。

ですが、書類提出にあたり
質問に答える中で、少し違う世界が見えてきます。

レイプによる妊娠
近親相姦による妊娠
売春による妊娠

このようなケースでも受け入れられますか?

それは無理だ。っと答える権利も勿論ありますが

この他にも、色んなケースがあるわけで

命ってなんなんだろう?
妊娠・出産ってなんなんだろう?
っと考えさせられます。

子どもを迎えようと決断するたびに
私自身も癒され、成長させてもらっています。

====================

4・養子に限らず赤ちゃんは一定の頻度で異常を持って生まれてきます。
20~30人に1人には奇形、染色体異常などの先天異常があります。
1~2歳になって初めて分かる知的障害を含めれば、さらに発生頻度は高まります。
健康上のトラブルだけではありません。人間関係のトラブルもあり得ます。
このようなときにお子様を見捨てず、温かく強く受け止めて、守っていただけるご夫婦を探しています。

====================

ダウン症
奇形などの先天的異常

このようなケースでも受け入れられますか?

1人目の時も答えにたじろいだけど

2人目でも戸惑います。
自分たちにそんな器があるのか。

はい。っと言えない自分はダメなんじゃないかとも思ったりして。

先天的な障がいを持っている子どもに慣れていない。っていう不安だって大きい。

でも、どんな命だって、
産まれてきて、生きてる限り
何があるか分からない。
ここに、いきつきます。

産まれてきた命が
この世界で生きる喜びを感じ
自分らしく幸せに生きて欲しい。

そう願いながら
自分たちが
まず、そうあれるように
生きていきたいと思っています。

どんな事があっても
自分らしく幸せに生きている
そんな姿を、子どもに見てほしい♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です