天からのおくりもの

自然妊娠して、子どもを迎える

不妊治療して、子どもを迎える

里親として、子どもを迎える

望んだとしても、どれでも
自分たちの思い通りにはいかず

やっぱり、それはご縁であり

赤ちゃんは、いつだって
【天からのおくりもの】であるということ。

====================

2.ご希望の皆様すべてが養親になっていただけると良いのですが、現実には、ごく一部のご夫婦にしか養子縁組をご提供できません。慈恵病院の場合、特別養子縁組を希望されるご夫婦20組に対して、それを実現できるのは1組です。

====================

もし、側にきてもらえたら
その命の側で共に歩ませてもらえる事に感謝して、大切に育みたい。

大切に育むってなんだろう?

何度も、何度も問いかける。

完璧な母親にはなれないし
目の前の子どもと向き合っていれば必ず
怒ってしまう日も
ドギマギしてしまう日も
泣きたくなる日も
投げ出したくなる日も沢山あるだろう。

だけど、

自分の愛を、自分なりのカタチで
貴方が側にいてくれる事が、かけがえのないことである事はちゃんと伝えたい。

他の人から見たら、間違ってるよ。
って見えるかもしれないし
的外れな事をしてしまうかもしれない
それでも、自分なりに精一杯に伝えたい。

自分の命がかけがえのない大切な命であることを、子ども自身が受け取れるカタチを模索しながら、伝え続けたい。

子ども自身が、心からそう感じられる日がくることを信じて、伝え続けたい。

そして、もし。
途中でそれが叶わなくなったとしても
側にいることができなくなったとしても

その命の側に少しでもいられた事に感謝して
変わらず、心の中で伝え続けたい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です