阿吽の呼吸と出す力

主人の言葉をキッカケにはじめた

家族みんなが心地よい排泄生活の創造。

主人は、ひとまず置いといて、、、

息子の姿に胸キュンしたり

感動したり

自分の思考にぐるぐるしたりを楽しんでます^ – ^

布おむつは大変?オマルは可哀想?

オマルに慣れなくてもいい

紙おむつより、布オムツの方が

不快と快が分かりやすいと思い

家にいる時は、布オムツを使っていましたが

紙おむつでも、布オムツでも

息子の姿は対して変わらず

おしっことうんちが出ていても

知らんぷり

ご機嫌に遊んで、寝て、食べて

排泄は彼にとって

『ない』もののようでした

布オムツにしたからといって

変わるものでもないのだなーと思っていた頃

意識して関わりはじめたら

でーーーーーたーーーーー!!!

お昼寝起き

オムツが濡れてなかったので

トイレに捧げてみたら見事に成功🎵

とっても嬉しいのは私だけ

息子は、トイレにチョロチョロと出ていく

おしっこを不思議そうに眺めていました^ – ^

昼間、排泄の合図は全然分からなくて

気がついたら、オムツにでている繰り返し

排泄の合図が唯一分かるようになったのは

夜中寝ている時

モゾモゾ、モゾモゾ

お腹空いたのかなー?

いや、まてよ?

おしっこでてない!行ってみよう🎵

おぉ!

おしっこの出る量と勢いに驚くほどでた!!

起きておしっこがオムツにでてなーい!

でるかもよー🎵

あー。あー。っと心地良さそうに声を出しながらおしっこして

ついでにうんちまで出た!

オムツをする時

でたねー。っと声をかけると

顔をくしゃくしゃにして笑う姿をみて

こんなに嬉しそうな顔をするんだ〜

気持ちよかったのだなぁ〜

これが、本当の快の感覚の表現なのだな〜

とこの時初めて息子の快の表情を知りました

嬉しそうな息子の顔が可愛くて

2週間ほど繰り返していると

トイレに行くと

大きな声をだして、きばる感じで

おしっことうんちを

排出するようになったのです

8ヶ月にも満たない赤ちゃんが

トイレに行くと出そうとしている

偶然なのかな?と思ってもみたけど

どうみても

自分の身体の内側に意識を向けて

だそうとする力をもっているように感じる

愛おしくて、驚きの連続です

気がつけば、なんとなーく

出そうなタイミングが分かって

連れていくと出る

心地よい阿吽の呼吸

すごいなー

すごいなー

すごいなー

赤ちゃんがもってる力ってすごいなー

あれ???

でも、まてよ??

これって結局、、、

出るタイミングに連れて行けることに喜びを感じているのは私??

私主導の関わりになってる??

私に息子が合わせてくれてる??

もしかして、もしかして

頑張って出そうとしてる??

それは、それですごいかも!

っじゃなくて、こわいことかもーーーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

息子の発信が先なのか?

私の思考が先なのか?

よくわからんぐらいの阿吽の呼吸

私の自己満になってる気がする。。。

息子の排泄をしたそうなしぐさを掴もう!

息子の発信をキャッチしよう!と思ってはじめたのに

ついつい、可愛い顔見たさっと

でたーっという私の達成感に

息子自身の感覚を見守ることを

すっかり忘れていた気がする。。。

ひとまず違うアクションおこしてみよう!

【連れて行くのやめてみる】へ続く


今年は、我が子と過ごす日常から

見えてきたこと

感じたこと

やってみたこと

変化したこと

大事にしたいことなど

コツコツと文章に

綴っていきたいと思っています。

長年の夢でもあったので

どんなことを感じ、綴っていけるか楽しみです。

子育ての1つひとつを

一緒に考えるキッカケになれば幸いです^ – ^

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です